トップ > OB/OG訪問 > 三井住友海上火災保険 > OB/OG訪問 口コミ

三井住友海上火災保険

チームワークが試される仕事

チームワークが非常に重要だと知り、仕事の見方が変わりました。

2017.01.24

総合職

企業名
三井住友海上火災保険

大手企業 金融

ざっくり言うと

  • 電話での対応がほとんど
  • 金銭面だけでなく精神面でもサポートできるのが醍醐味
  • チームで成長していく

OBOGの入社年度

2010年度入社

OBOGの所属先

損害サポート

仕事内容

損害サポート(自動車)の仕事は、自動車保険の契約者が事故に遭われた際に、保険金のお支払いを通して、事故を解決するというように、トータルにお客様をサポートする業務のことです。単に保険金をお支払いするだけではなく、事故の加害者となったお客様や、被害者となった相手の方の不安や不満を解決して、元通りの生活に戻れるようにすることが、損害サポート(自動車)の大きな役割です。自動車事故の対応は、代理店やコールセンターから連絡を受けた瞬間に始まります。お客さまに連絡して事故が起きた場所や状況を確認し、必要に応じて病院や修理工場、レッカー移動などを手配します。その後は、損害(車両)、傷害(身体)、被害者と担当を分けて対応します。

①仕事で心掛けていることは何ですか?

一番心がけているのは、お客様とのコミュニケーションです。損害サポートでは、受付から損害状況の調査、お客さまや相手先との交渉、お支払いまで、案件ごとに担当者に任されます。自動車事故は千差万別。一件一件、修理工場など関係先と連絡を取りながら原因や状況を確認したうえで、お客様と相手の方との責任割合、保険の契約内容に応じた保険金お支払い額など、適正な解決策を提示しなければなりません。そのためには、お客様にも相手の方にもご理解いただくことが大事なので、状況を噛み砕いて分かりやすくお話しするよう心がけています。また電話での対応がほとんどなので、お客様や被害者の方のお顔が見えない分、話し方にも気を遣うようにしています。

②損害サポートの仕事の魅力を教えてください

損害サポート(自動車)の仕事の魅力は、困っている人をサポートできるというやり甲斐に加えて、チームで成長していくことができる点だと思います。やはり、予期せぬ事故が起きて困っているお客様に対して、金銭面だけでなく、お気持ちのうえでも円満な解決をお届けすることができるのは、損害サポートならではの醍醐味だと思います。損害サポートの仕事をするうえで、求められるのが、保険や補償、交通事故に関連する法律知識はもちろん、傷害の担当者ならば医療知識などの専門知識です。法律に詳しい人や、医療知識に長けた人、こじれた案件や裁判となった案件を数多く経験した人など、いろいろな人がそれぞれ得意とする分野の知識を出し合って、助け合っている職場なので、役に立つ指導や助言が得られます。それでも方法が見つからない場合は、医師や弁護士に相談します。このように、個人の力が問われる仕事ではありますが、いつも一人ではなく、仲間とともに働いていると思えるところが魅力です。

③一日のスケジュールを教えてください

いつも8時半に出社します。始業前に、メールや業務連絡内容のチェックしておきます。そして9時からは電話応対を開始。土日は休みなので、月曜の朝は特に電話が多いです。担当案件のお客様や相手の方などと電話でお話ししながら、事故処理を進めていきます。そして12時くらいから昼食を取ります。約一時間休憩した後、13時頃から引き続き電話応対を行います。事故解決に向けた書類の作成や、弁護士の方との打ち合わせ、チームでのミーティング、後輩の指導なども行います。17時には電話応対が終了して、ひと段落つきます。あとは、残りの仕事を片づけたり、昼間に連絡が取れなかった方にはお電話するなど、もっぱらその日の片づけをします。退社はいつも19時くらいです。

感想

損害サポートは、事故解決にもっていくまですべて一人でこなさなければいけない、大変な仕事というイメージを持っていましたが、実際お話を聞いてみるとチームワークが非常に重要だと知り、仕事の見方が変わりました。実際イメージで終わるのでなく、先輩にお話を聞いて正しい情報を手に入れられたのはすごくよかったと思います。仕事の印象も良かったです。

特別選考のご案内