トップ > OB/OG訪問 > 電通 > OB/OG訪問 口コミ

電通

電通にも弱みがある?!

決まった業務が存在しないことが衝撃でした。

2017.01.24

その他

企業名
電通

大手企業 広告

ざっくり言うと

  • 決まった業務はない
  • 「こなす」より「ハイクオリティ」を
  • 自由な働き方ができる風土

OBOGの入社年度

2014年度入社

OBOGの所属先

CRプランニング部

①どのような働き方をしているか教えてください

私達はルーティンワークのような決まった業務などは存在せず、任命された仕事によって様々な業務を行います。常に複数のプロジェクトを行っていますが、進行中のプロジェクトに途中から任命され、仕事を任される時があります。
定時などに縛られる事もなく、各々自分の仕事が終われば帰宅ということになります。ですので、出社の時間も人の裁量に任されますし、デスクワークを続けなければいけないという事もありません。〆切までに任命された仕事を行えれば良いと考えられています。
働き方も自由な風土があり、オフィスで仕事をする事も、近くのカフェで働く事もできます。
土日出勤も基本ありませんが、自分の仕事が〆切までに間に合わない場合は仕事を行う事があります。仕事を効率よく行えば休日をしっかり取ることもできます。

②クリエイティブからみた営業やメディアでの仕事はどのようなものですか?

営業はまさしく弊社での花形の仕事であり、私達クリエイティブがクライアントの要望にそったものを作れるかどうかは営業の技量にかかっていると感じます。実際に質の高い仕事を獲得する営業の方は、頭の良さだけでなく、クライアントにアイデアを提案し、買って頂けるための人間力を身につけているように感じます。
メディアにおいては、新聞社やテレビ局の方の仕事時間に合わせるため24時間常に仕事のアンテナをはっていなければならないように思います。どのクライアントとも共に仕事してきた期間は長いため、クライアントとの人間関係構築も非常に重要な事だと思われます。しかし、他の部署と比べて最も仕事のスケールを感じられる部署だと思います。実際にテレビや新聞に私達の仕事を届け最後まで見とる事ができるので、達成感ややりがいというものは非常に大きいのだと思います。

③御社の強みを教えて下さい

1番は、マス広告において国内で高いシェアを誇っていることであると思います。特にテレビ広告においては常に高い収益をあげることができますので、安定した利益をうめる企業であると思います。
また基盤がしっかりしているが故に、新規分野において挑戦できるだけの余裕も他社と比べるとあります。しかし、テレビ広告において常に高いシェアをほこってきたので、顧客からは常に高いクオリティを求められます。弊社のブランド力に見合う仕事を常に求められるのでプレッシャーに感じる事もあります。
その他の強みとしては、海外企業を買収した事によって海外事業にも進出する大きな足がかりを持てているという点です。日本の広告業界と外国の広告業界とでは、大きく異なる点があるため、そのような相違点をM&Aによってなくしていけると思います。現状では人材交流をして、互いに相乗効果を生み出されるような模索が行われてる段階ですが、今後大きな武器にしていけると思います。

④御社の弱みを教えてください

私達は広告業界がどんどんデジタル化している事からデジタル領域にも力をいれています。しかし、旧来のマスメディア主体の方針からなかなか抜け出せる事は未だできておらず、上手くいっているようには思われません。そこが弊社の1番の弱みであると思います。
また、これからの時代を考えた時にデジタル領域に力を注ぐ事は必要と思われますが、弊社はマス広告においての収益も大きくマス広告もおろそかにできない環境にあるため、デジタル領域へとシフトして事業拡大を目指す同業他社と比べるとなかなかデジタル領域での技術格差をうめる事は難しいように思われます。
社内環境として、マス広告とデジタル広告の両方で大きく成長しようと足並みが揃えられていない点が弱みであるように思われます。

感想

仕事をこなす事よりも、クオリティをあげる事に重きを置いているようでした。
バイタリティに溢れ、仕事に対する不満などは聞きませんでした。
1番感じられたのは仕事に対して常に自分から積極的に向かう事の重要性でした。
また、私自身のESの添削も行って下さり、就活生に対し非常に親切に感じました。このような方にお会いすると、私自身の志望度も高まり、選考を受けたいと感じました。

特別選考のご案内