トップ > OB/OG訪問 > 東京海上日動火災保険 > OB/OG訪問 口コミ

東京海上日動火災保険

リーディングカンパニーの誇り

話していて、エリートであることが伝わってきました!

2017.01.24

営業

企業名
東京海上日動火災保険

大手企業 金融 営業

ざっくり言うと

  • プロ意識の高いトップ集団
  • 休日出勤がないわけではない
  • ディーラーさんとの関わりが重要

OBOGの入社年度

2015年度入社

OBOGの所属先

ディーラー営業

①御社でしか得られないものはありますか?

それはやっぱり「リーディングカンパニーであることの誇り」です。全員が自社の社会的立ち位置を誇りにおもっているから、他社に業績や対応で負けたくないと感じられます。この意識があるからこそ、辛い時に踏ん張ることができます。
どんなに新人でもお客様からしてみたら私しか担当はいません。つまり自分の対応が東京海上日動としての対応になります。だから、それを意識している分会社にはプロ意識の高い人が本当に多いと思います。
加えて勉強ができるという意味だけではなく本当の意味で「賢い」人が多いから周りは尊敬できて頼りがいのあるひとばっかりです。そういう人がいるってことも東京海上日動に入らないと得られないことかなって思います。

②つらいことはありますか?

まだ入社して日が浅いので余裕がないことが辛いです。自分の未熟さのせいで、先輩の仕事を増やしてしまうことがストレスです。でもまぁ、それはどこの会社でもそうだし、うちの会社では周りの方が確実に支えてくださるのでそこは感謝しています。
自分の体験談じゃなくて恐縮なんですが、他のディーラー営業している同期の話を聞いていて大変そうであるのは、「ディーラーさんにとって保険は二の次であること」。ディーラーさんは車が売れるか売れないかが第一であり、保険にだけ集中してもらえることが絶対にないので歓迎されていないところが辛いところかなとは思います。でも保険からくる利益もバカにできないものであるから、完全に無視されるというような事態は決して起こらないので安心してください。

③説明会では教えてもらえないようなことはなにかありますか?

一つめとしては、金融業だけどカレンダー通りのお休みではないということ。ディーラー営業の子はディーラーさんの店舗は不定休だからたとえ土日であっても向こうの朝礼に参加したりしなければいけない時もあります。だから休日出勤もないわけではないということを頭に入れておいてください。
二つ目はエリアコースだと一人暮らしは許可されているけど、住宅手当はでないということ。でも賞与なども出始めると普通に生活できると思っていいです。
三つ目はリクナビなどに短大卒のお給料も書かれてはいるけど実際にそんなに短大卒の子は周りにいないことです。募集していることも私たちはあまり知らなかったぐらいなので、そういう子達は注意して選考を受けるべきだと思います。

④普段の生活を教えてください。

8時に出社しています。始業は9時からです。
退社は5時です。会社から車を借りて、週に二回直行直帰している社員もいます。グローバルコースの子は10時まで残っている子もいます。
ディーラーさんとの関わりも重要で、交流も盛んです。
私は家族ぐるみでお付き合いもさせてもらっていて、お仕事をやめられたディーラーさんともいまだに繋がりがあります。
新規のお客さんはあんまりいません。転勤も採用枠ないしかないし、異動するかしないかの調査はしてくれます。
店舗の皆でバーベキューをすることもあるしわきあいあいとしています。飲み会もよく開催してくださっていて、人によったら体育会系の印象を感じられる人もいるけど、私としてはあんまりそんな風には思わないです。

感じた魅力

お話していてもその方の頭がとても整理されていると感じました。さすがリーディングカンパニーといったところか、エリート集団であるように感じました。

感想

和気あいあいというよりはトップ集団です。
わたしもここまでのプロ意識をもって働ければいいなと感じました。
お話していてもその方の頭がとても整理されていると感じました。さすがリーディングカンパニーといったところか、エリート集団であるように感じました。

特別選考のご案内