トップ > OB/OG訪問 > 三菱電機 > OB/OG訪問 口コミ

三菱電機

社員の温かさを実感

希望しない限り職種の変更がないことに驚きました。

2017.01.24

ざっくり言うと

  • 「選択」と「集中」という経営が実現できている
  • チームを巻き込んで成果を上げたことを述べるべし
  • 面接のフィードバックやアドバイスがもらえる

OBOGの入社年度

2012年度入社

OBOGの所属先

FAシステム事業本部

仕事内容

国際金融の財務担当を行う経理として業務を行っている。
近年弊社ではFAシステムの海外進出が進み、海外売上高か飛躍的に向上している。そうした中、事業会社の銀行として事業の売上やコストなどの経理を担当している。

①海外出張はありますか?

海外進出が進む事業であることから海外に出張することやOJTとして海外に訪れることも多いです。
私の部門では5~6年目にアメリカやイギリスにOJTに行く人々がいました。私自身営業職を志望しましたが経理という仕事を担当することになり、当初は困惑しましたが今では事業の銀行としてやりがいを感じて仕事に取り組めています。
弊社では希望しない限り職種の変更はないのでこれからも経理として仕事を行っていきます。

②御社の強み・弱みは何ですか?

弊社の強みとしては財務体質の悪い事業は切り離し、売上の伸びている事業に積極的に投資するといった選択と集中という経営が実現できているということが挙げられます。
これらのことから総合電機メーカーの中で売上が三番手であるものの営業利益率は一番になっています。そうしたことから弊社の財務体質は非常に健全であることが分かります。
また弊社の技術力を駆使したパワー半導体をモジュール化することで電車や家電製品など様々な事業に展開できていることも強みの一つとして挙げられます。
一方で弱みとしては海外売上高が42~43%と低いことが言えます。他の総合電機メーカーは50%を超えていることから弊社の海外売上高の低さが見て取れます。

③志望動機は何ですか?

私はバックパッカーの経験から総合電機メーカーを志望しました。
私は学生時代にバックパッカーで様々な国を訪れました。その過程でアフリカの国を訪れた際には水道や電気ガスといったインフラが全く整備されていなく、世界中の人々の生活を豊かにしたいという想いが強くなり、総合電機メーカーを志望しました。
そして日立、東芝といった総合電機メーカーの中で弊社を選んだ理由は人です。説明会やセミナーで何度も会社を訪れている内に社員の方が自分のことを覚えていてくれて社員の方の暖かさを実感しました。
そして私は海外展開が積極的でモノづくりの根底を支えることができるFA事業の工場営業を行いたいと思いました。現在は営業ではありませんが経理として海外進出に貢献しています。

④実際の面接の内容やアドバイスは何ですか?

私が体験した一次面接は1対1で主に学生時代頑張ったことが中心の面接でした。ここでの学生時代頑張ったことは、自分一人で頑張ったことよりもチームを巻き込んで成果を上げたことを述べることが大事であると思います。またここで自分と一緒に働いてみたいと面接官に思わせることが重要であると思います。
二次面接は2対1で志望動機や会社に関することも話しました。二次面接終了後の通過連絡は電話で来て二次面接フィードバックや最終面接に向けてのアドバイスなどをしてくれて社員の方の人当たりのよさなどを実感しました。最終面接はやや重苦しい雰囲気でとても緊張した印象でした。この面接では「自分を漢字一文字で表すと何?」という奇抜な質問を受けたことがとても印象的でした。
面接では総じて話しすぎることなく結論をまず答えるというようにして簡潔に述べることが非常に重要であると思います。またどんな質問に対しても柔軟に対応し、明るくはきはき答えることが大切です。

感想

私は今回訪問させていただいた方だけではなく様々な事業で働く方にお会いしてお話しを聞きましたが、社員の方もおっしゃっていたように皆様人当たりがよく、誠実な方ばかりでした。
またどの事業の方も志望した職種に配属されなかった方もやりがいを持って働いていることからぜひこの会社の選考を受けたいという気持ちが強くなりました。

特別選考のご案内