トップ > OB/OG訪問 > 東京海上日動火災保険 > OB/OG訪問 口コミ

東京海上日動火災保険

マリンで働く上の心構え

「人間力」という言葉が衝撃的でした。

2017.01.24

営業

企業名
東京海上日動火災保険

大手企業 金融 営業

ざっくり言うと

  • お客様目線が大事
  • 仕事を自分で面白くするべし
  • 経営者目線で考えるべし

OBOGの入社年度

2009年度入社

OBOGの所属先

ディーラー営業

①保険の仕事において一番大切なことは何でしょうか?

お客様目線で考え、プロフェッショナルとしてリスクを回避するためのアドバイスをすることだと思います。
例えば、企業様のリスクを考えるときには、オーナーさんが考えられないリスクを洗い出し、伝える必要があります。リスクはモノだけでなく、人かもしれません。パワハラや株主への役員賠償なども考えられます。
こうしたリスクをまず洗い出し、それを回避するためのアドバイスをしたり、または会社の経営状況をより良くできるような提案をしていきます。
例えば以前行ったのは、企業様の社員の方々に対して、福利厚生で病院を利用できるような仕組みを提案したり、内装のご提案をしたりしました。
このように良いアドバイスをするためには、クライアントの歴史や過去、同業他社をしっかり知ること。お客様の生の声を収集し、気づかないリスクに敏感になること。データと現場、両方をきちんと見て、判断するようにしています。

②新人に対して、仕事をするうえで大切にしてほしいことはありますか?

まずは、仕事を自分で面白くしてほしいです。東京海上日動では、部門を変わることも多く、また必ずしも希望の部門に配属されるかはわかりません。そのため、キャリアに固執しすぎない人がより楽しく働けると思います。
次に、与えられた仕事に想いを持って取り組んでもらいたいです。私達の仕事は、社会に必ず貢献できるインフラを提供しています。その意味で、誇りのある仕事だと胸を張ってよいと思います。
また、人間力を高めていってもらいたいですね。語学力、趣味、など秀でる部分は色々とあると思いますが、一番重要なのは人間力です。誠実さ、思いやり、懐の深さは、生涯にわたって重要になります。
また損保の仕事は、最終的には信頼で決まります。その意味で、人間力を高めてほしいですね。

③損保の仕事について概要を教えてください。

私達の仕事は、経営の安定化(リスクの軽減、回避)を通じて、お客様の永続的な発展に貢献する(クライアントを助ける)ことです。これが、ひいてはお客様の挑戦を実現することにつながります。
こうした仕事をしていく際に、大きく3つの事を行います。第一に、リスクの分析です。どのようなリスクが潜んでいるのかを洗い出します。例えば、その企業や業界固有のリスク、外部要因などです。第二に、そのリスクの評価をしていきます。リスクが起こる頻度、損害の影響度などです。第三に、リスクへの対処を決定していきます。これには、リスクを軽減するための対応策を練ったり、リスクを転嫁できる仕組みをご提案していきます。
常に経営者目線で考えることが重要ですね。

感じた魅力

人間力という言葉が独り歩きするのではなく、本当に社員の方が実行している点で信頼できる企業だと感じました。

感想

社員の方の誠実さが伝わってきました。特に印象的だったのは、仕事で最も重要なのは人間力だということです。
それまでは、小手先のスキルをどう高めるかばかり気にしていた自分でしたが、何よりも人間性が重要だというお話を聴いて、反省しました。
人間力という言葉が独り歩きするのではなく、本当に社員の方が実行している点で信頼できる企業だと感じました。

特別選考のご案内