トップ > OB/OG訪問 > アフラック > OB/OG訪問 口コミ

アフラック

完全代理店営業の外資保険企業

仕事に対するスタンスが外資系そのものでした。

2017.01.25

その他

企業名
アフラック

大手企業 金融

ざっくり言うと

  • 日本初のがん保険会社
  • 収益の7~8割は日本
  • 完全な代理店営業

OBOGの入社年度

2009年度入社

アメリカンファミリー生命保険の特徴はなんですか?

日本初のがん保険会社であることです。
当社の本社はジョージア州のコロンバスにあります。日本には、1974年11月から、事業を行い始めました。ですが、今では当社の全体の収益の7~8割は日本なんです。そのため、外資らしさよりも内資よりです。
日本において41年間、がん保険を売り続けたのは当社だけなので、データも沢山ありますし、対応力も高いと自負しています。また、売上が右肩下がりになったこともありませんし、今では8人に1人が当社のお客様です。
このように当社は、新たな価値を日本にどんどん作っていきました。そのため、社会に貢献していると確信していますし、これからも、世の中に無いものでも価値があるものならば、どんどん作っていこうという気持ちが強いです。

外資ですが、お給料は歩合制ですか?

「はい」か「いいえ」で答えるならば、「はい」です。
しかし、当社はいわゆる外資とは少し異なります。先ほども申したように、現在当社の収益は7~8割が日本です。そのため、お給料の全てが歩合であるわけではありません。当然ですが、仕事ができる人が昇格していきますし、おのずと昇格した人のお給料が高くなっていきます。もつろん、そこに男女は関係ありません。当社は昔から女性の方が多いのも特徴ですすね、
しかし、エリア総合職ですと、限られたフィールドの中で業務を行うので、全国型総合職の方が昇格スピードは速いです。あなたも、就職活動をするに当たって、長く働きたい、の意味をしっかりと考えた方がいいです。
ただ長く働くことが自分にとっていいことなのでしょうか?長く働きたいということは、活躍したいという気持ちが強いのではないでしょうか?就職活動をする際には、5~10年後までの自分のキャリアをしっかり設定しておくべきです。

アメリカンファミリー生命保険では、お客様に直接営業をしますか?

一切ありません。
当社は、代理店営業という形態をとっています。
生命保険業界はひらがな生保(日本生命や明治安田生命等)を想い浮かべる人が多いため、生保レディのイメージが強いです。しかし、当社はそれらの生命保険会社とは異なり、代理店に対して営業を行うため、お客様に直接お会いすることはありません。
損保系生保や損保をイメージして頂くと分かりやすいと思います。そのため、当社の営業の社員は、代理店と共にお客様の最適な保険を考え、どのようにお薦めするかを提案しています。
個人個人に営業するのと異なり、代理店を通じるため、 より大きいフィールドで活躍することができます。
また、ただ保険をうるのではなく、世の中にアフラックの使命である、生きるを作りたいという想いを代理店そしてその先にいるお客様に届けています。

保険金部では、どのような仕事をしていらっしゃいますか?

万が一のことがあったお客様に保険金をお支払しています。お客様の役にたってから初めて保険の存在価値が出るため、 責任感を持った仕事であり、決して楽な仕事ではありません。唯一、お客様と直接話すことができるポジションですね。
お客様にとっては、一本の電話は緊張感のある電話です。お客様の不安を取り除き、今後も自分らしく生きていく手助けをしたいという気持ちで仕事に取り組んでいます。そのため、温かみがある対応を心掛け、それに加え迅速に正確な対応をしています。
私は、日々、お客様の生きるためのお金を作るんだという 強い気持ちを持って仕事を取り組んでいます。

感想

正直、さすが外資系!と思いました。
考え方や仕事への取組み方が本当に外資っぽかったです。日本での収益が多いので、内資だと会社側が訴える気持ちはわかりますが、スピリッツは変わらず外資系だと感じました。
この社風に合う人と合わない人がいると思いました。

特別選考のご案内