トップ > OB/OG訪問 > サンリオ > OB/OG訪問 口コミ

サンリオ

半数以上を女性社員が占める

ハローキティを活かしたビジネスモデルが確立されていました。

2017.01.25

ざっくり言うと

  • 物販事業とライセンス事業という事業の柱
  • 企業理念は、「SMALL GIFT BIG SMILE」
  • 女性にはとても働きやすい

OBOGの入社年度

2012年度入社

OBOGの所属先

営業

サンリオと言えば、ハローキティを思い浮かべますが、どのような事業を行っているのですか?

サンリオよりもハローキティの方が有名なのは社員共通で認識しています。(笑)
私達は、物販事業とライセンス事業という主に2つの柱で事業を展開しています。(細かい収益を分析すると、テーマパークビジネスやグリーティングカードビジネス等があげられます。)
物販事業では、主に出来上がった商品を店(サンリオギフトやサンリオギフトゲート)で売っていますが、ただ売るだけではありません。
当社は、キャラクターを登場させたり、サイン会を開くなどのFACE TO FACEのイベントも行います。商品を手に取ってもらうだけでなく、お客様にサンリオのキャラクターや商品について理解してもらいたい。仲良くなりたい。好きになってもらいたいという想いがあるのです。商品だけでなく、キャラクターそのものを広めたいのです。
ライセンスビジネスでは、広告使用権ビジネスと空間ライセンスビジネスの2つが挙げられます。広告使用権ビジネスでは、主に富士フィルムやキャラクター家電、三菱鉛筆、ワールド、リズリサ等の大企業と手を組み、キャラクターを使用する権利を与え、新たな商品を世の中に生み出しています。空間ライセンスビジネスでは、京王プラザホテルと手を組み、キティーズルームを作ったり、あるレストランと提携してポムポムプリンカフェを生み出しました。
他にも、味の素やイトーヨーカドー、銀行、大学等ありとあらゆる業界業種と手を組んで仕事を行っています。
ちなみに、ライセンスでは、グッチと手を組む等のグローバルライセンス事業等にも挑戦することができます。

どのような想いで仕事を行っていますか?

人と人が助け合うきっかけを作りたい、人と人が繋がるきっかけを作りたいという想いで仕事に取り組んでいます。
当社の企業理念は、「SMALL GIFT BIG SMILE」であるため、全員がほんの小さな贈物で大きな笑顔を作りたいという気持ちを持っていると思います。
私は学生時代、ある商品がきっかけで人とどんどん繋がりを持てた経験があり、このような企業理念をもった当社に魅かれ、入社しました。

サンリオでは、女性は働きやすいですか?

はい。とても働きやすいです。去年は20人の女性社員が全員が産休・育休を経て、復帰しました。
また、復帰後は時短勤務で働いています。(当社の定時は9時30分から18時ですが、時短勤務では、15時30分までと大変柔軟な対応をしています。)
特に、育休中には、会社との繋がりを大切にすべく、何度もコンタクトをとります。会社側も育児がキャリアアップの支障になってほしくないという想いがあるのです。社員構成比で見ても男48%。女52%と女性の方が人数が多いため、女性の活躍が必要不可欠なのです。(ちなみに、私の総合職の同期は18人ですが、男性が8人、女が10人という構成です。)

サンリオの今後の課題はなんですか?

グローバル戦略の転換です。物販ビジネスからライセンスビジネスへ転換しなければいけません。海外でも、日本のビジネスと同様に、効率化を図らなければいけないからです。
例えば、海外でもH&Mにキャラクターのライセンスを提供することで、よりはやくキャラクターを広めて頂きたいです。収益性の高い、ライセンスビジネスを海外でも行わなければいけません。
しかし、ライセンスビジネスは相手がやってくれるビジネスのため、取引先の会社が異なるキャラクターを使用した際に、急激に利益が減ってしまいます。
そこで、当社は2つことをしなければなりません。1つ目は、国内手動から現地へのシフトです。当社の海外の子会社は、現地の人に運営して頂くのです。2つ目は、オープンイノベーション型のデザイン開発です。当社は生き残るために、柔軟な考え方をしなければいけないのです。例えば、キティの場合は、キティのコンセプトが残っていればOKなどとし、自由自在に変動させるべきなのです。

感想

サンリオキャラクターが好きだという理由で訪問してみましたが、イメージと全く異なりました。
ライセンスで収益を上げていたり、海外に強かったり等、活躍できる幅は多岐にわたっていると感じました。
また、女性も多く働きやすいと感じました。

特別選考のご案内