トップ > OB/OG訪問 > 第一生命 > OB/OG訪問 口コミ

第一生命

人と真剣に向き合う仕事

日本生命との違いが分かりました。

2017.01.25

その他

企業名
第一生命

大手企業 金融

ざっくり言うと

  • 新たな価値を作る社風
  • 若い世代にもチャンスを与えてくれる
  • 最近に株式会社化

OBOGの入社年度

2009年度入社

なぜ第一生命に入社されたのですか?

なぜ生命保険を選んだのか、なぜ第一生命を選んだのかという順番で話します。
私は、学生時代の経験から、人と真剣に向き合う仕事がしたいという想いがありました。そのため、人の人生に一生涯寄り添い、支え続けることのできる生命保険業界に興味がありました。
中でも、当社のセミナーなどのイベントにて、人の話を真剣に聞いて下さる雰囲気を感じ、自分もここで働きたいという想いが芽生えました。この気持ちは、働いている今でも変わりません。
たとえば、私はまだ6年目ですが、部署の先輩である20年目の上司の方がどんな話でも真剣に聞いて下さいます。また、その方に限らず、どのような年代の方も自分の話を真剣に聞いて下さるので、とても仕事をしやすい雰囲気です。

第一生命の一番の特徴はなんですか?

古いものを大切にしながら、新しいことを取り入れ、新たな価値を作る社風です。
最近で言えば特に2点挙げられます。
1点目は、株式会社化したことです。漢字生保(日本生命や住友生命等の4大生保)は、今まで相互会社という形態で仕事を行っていました。しかし、これでは時代やお客様のニーズに素早く変化することができないと考え、当社は株式会社化したのです。お客様や株主のために、株式会社化することで海外にどんどん進出したいです。
2点目は、第一生命ネオファーストと第一生命フロンティアという、営業職員チャネル以外の生命保険会社を自社で持つようにしたことです。銀行窓販にて、比較的簡単で安い生命保険を提供したり、資産運用向けの保険を提供することで、更に多くのお客様に当社の商品を使用してほしいという想いがあります。

第一生命に入って一番、良かったなと思うことはなんですか?

若い世代にもチャンスを与えてくれることです。そのため、その仕事が会社に大きな影響を与えるため、自分が会社の根幹を担っている実感があります。
先月自分が担当させて頂いた案件も、自分の部署だけでなく、他部署にまで大きな影響を与える案件でした。大きな規模で影響する仕事を任せて頂けることは決して当たり前だと思いませんので、今後もこの環境に感謝しながら、任せてよかったと思って頂けるように貢献したいです。

第一生命で働いていて、一番に感じたやりがいはなんですか?

お客様に最適な保険を提案できた瞬間です。お客様が自分の提案や自分が指導や同行した営業職員の提案によって、保険を契約して下さった際、お客様から信頼を得る事ができたと感じます。
生命保険には短期的な付き合いの商品は一切なく、長期的に繋がりながら、人の人生に対しての金融商品を販売します。そのため、人と人の繋がりが強くなければいけないというのが大前提ですし、深くつながらないとその人にあった保険の販売は無理なのです。
そのため、お客様が自分の提案に賛同して下さった際にとても大きな遣り甲斐を感じますし、同時に自分自身の成長も感じます。

今後の目標はなんですか?

「あいつに聞いたら、分かるよ」と言って頂ける社員になりたいです。
つまり、周囲からの信頼があつく、皆に頼られる社員ですね。(具体的な目標ではなくてごめんなさい。)
しかし、生命保険の醍醐味はここにあるのです。
生命保険の仕事は本当に多岐にわたっており、全てを知ることは不可能です。部署が変われば、転職したのと同じ気持ちになります。そこで、色んな部署を経験することで、自分に沢山の知識と経験をつけ、どんな部署でも頼って頂ける人になりたいです。

感想

生命保険会社は漢字生保(日本生命や第一生命等)を全て見ていましたが、まったくカラーが異なると感じました。
中でも、2つに分けると、第一生命は日本生命に少し似ているイメージです。日本生命の方が体育会の雰囲気を感じました。
第一生命は、同じようなことを言っていても、もう少し穏やかで優しいイメージでした。

特別選考のご案内