トップ > OB/OG訪問 > 三菱UFJニコス > OB/OG訪問 口コミ

三菱UFJニコス

日本最大ネットワークを持つ会社

カード系の福利厚生の良さを感じました。

2017.01.25

その他

企業名
三菱UFJニコス

大手企業 金融

ざっくり言うと

  • 日本最大のネットワーク力
  • クレジットカード会社の国内シェアNO.1
  • 業界初のサービスを開発している

OBOGの入社年度

2011年度入社

クレジットカード会社のメリットはなんですか?

2点あると考えます。
1点目は、ビジネスモデルです。クレジットカード会社のビジネスモデルはWIN-WIN-WINのビジネスモデルと言われています。具体的には、消費者には、買うチャンスの増加が挙げられます。加盟店には、売るチャンスの増加が挙げられます。
カード会社には、手数料収入が挙げられます。このように、関わる三者全てにWINが与えられるのです。誰も損せず、むしろ得するビジネスモデルとなっています。また、余談ですが、お金は落としたら戻ってきませんが、クレジットカードは、落とした際に止められますし、再発行等の保障があります。
2点目は、業界自体が成長フィールドであることです。現在の日本のキャッシュレス比率は14%です。しかし、他国(先進国。具体的には、アメリカ、韓国、フランス等)は50%を超えています。裏を返せば、まだ未開拓のフィールドが86%もあるということです。私が入社した際のキャッシュレス比率は11%でした。つまり、どんどん伸びている成長フィールドなのです。

カード会社の中でも三菱UFJニコスは、どのような特徴を持った会社ですか?

特徴としては、3点挙げられます。
1点目は、日本最大のネットワーク力です。当社は、合併を何度も繰り返し、大きくなった三菱東京UFJフィナンシャルグループというグループの5大中核会社の1つです。また、この三菱東京UFJフィナンシャルグループのネットワークに加えて、地方銀行、JAバンク、農林中央金庫のネットワークも持っています。これら全てのネットワークを合わせ、日本最大のネットワークになるのです。そのため、クレジットカード会社の国内シェアは13.1%とNO.1です。(2位は三井住友カード、3位はセゾンカードです。)つまり、よりたくさんの人に貢献したいという想い等も叶えられます。
2点目は、業界初のサービスを開発していることです。具体的には、新しいカードです。今迄は、カードと言えば、一般カード・ゴールドカード・プラチナカードの3枚が一般的でした。しかし、当社は、一般カードとゴールドカードの中間のカード、ゴールドカードとプラチナカードの中間のカードを開発したのです。これによって、手ごろな年会費で上質なサービスを提供することが可能となりました。
当社は、お客様が必要としているサービスを残して、使っていないものをやめて値段を安くする体制を大切にしています。裏には、消費者目線のサービス開発で新たなトレンドを創出したいという想いがあります。
3点目は、業界初の決算システムを開発していることです。具体的には、アイフォンの決済システムである、J-Mupsというクラウド型決済システムを開発しました。従来は、決済スピードが1回あたり20秒かかるうえに、通信コストもかかりましたが、このシステムによって、決済スピードが1回あたり2秒、通信コストも一切かからなくなりました。
ここでも、2番目の特徴を挙げた際に掲げた信念のようなものが関係していると考えます。つまり、コストを落として、品質を高める事に成功したのです。

女性として三菱UFJニコスは働きやすいと感じますか?

他社で働いたことがないため、比べて行っているわけではないですが、本当に働きやすいと感じます。
女性の平均年齢は、39.4歳ですし、平均勤続年数は、15.6年です。くるみんマークも取得していますし、同期の男性からみても、女性が働きやすい会社だねという声を頂いています。
ちなみに、月の平均残業時間は15時間ですし、水曜日も金曜日も早帰りDAYです。全員で効率がよい働き方をしているため、普段も皆19時には帰っています。

今後の目標はなんですか?

大きなことをいいますと、日本のライフスタイルを変え、日本の経済を変えたいです。そのため、どんな仕事にも前向きに、チャレンジしたい、成長したいという想いで取り組みたいです。
また、当社は、部署が50個程あります。つまり、50部署全てを連携させながら仕事を行っているのです。それぞれの仕事の連帯により、大きな社会変革を実現できると考えているので、日々の目の前の仕事に忠実に取り組みます。

特別選考のご案内