トップ > OB/OG訪問 > JCB > OB/OG訪問 口コミ

JCB

仕事とプライベートの両立◎

会社への愛を語ることが重要だと感じました。

2017.01.25

その他

企業名
JCB

大手企業 金融

ざっくり言うと

  • 挑戦的でとにかく明るい社風
  • 銀行系カード会社とは異なる側面
  • 充実の福利厚生

OBOGの入社年度

2014年度入社

OBOGの所属先

イシュイング推進部

仕事内容

カード事業統括部の中に存在する、イシュイング推進部というところに所属しています。
カードの商品性を考えることが主な仕事です。私は特に、JCBのオリジナルシリーズを担当しています。そのため、JALやDisneyと取引をしながら活動しています。

JCBは、どのような社風ですか?

当社を表すキーワードは2つあると考えます。
1つ目は、とにかく明るいことです。とにかく元気で明るい社員が多いため、会社の雰囲気も自然と明るくなっています。
2点目は、挑戦です。若手にも仕事を任せて頂ける風土であるため、若いうちから遣り甲斐のある仕事を任せて頂けます。そのため、私自身も会社にはとにかく明るい人に入社して欲しいという想いがあります。
また、少し話は飛びますが、当社は、会社が好きな人が多いです。そのため、採用の際には、いかにJCBが好きであるかを志望動機やセミナーの雰囲気の感想等ではっきりと示す必要があると考えます。

他のカード会社との違いはなんですか?(特に、銀行系カード会社)

自由度です。
当社は、銀行系カード会社と異なり、カード発行会社とカードブランド会社の2面を持っています。そのため、2つを連動させながら、お客様や時代のニーズに合わせて、双方を自由自在に操ることができます。
一方、銀行系カード会社は、カード発行会社の面しか持っていません。そのため、ブランド会社に従わなければならず、自由自在に操ることはできません。また、銀行系カード会社と比べた当社の課題は、海外です。
JCBカードは、日本では、主流ですが、世界的にみるとVISAやMASTERが8割を占めています。そのため、VISA やMASTERを取り扱っている銀行系カード会社の方が世界に影響力を与えられるという見方もされます。

JCBで仕事をしていて最も辛かったことはなんですか?

入社したての頃です。
右も左もわからない中で、新しい仕事をどんどん任されていたため、ペースに追い付くのが大変でした。乗り越え方は、慣れです。(笑)OJTの先輩やそれ以外の先輩も助けによって、慣れることができました。
今では、新しい仕事をどんどん任せて下さることが嬉しいです。

カード会社の繁忙期はいつですか?

個人単位で異なります。カード会社の仕事は種類が沢山あるため、本当に一人ひとりが様々な仕事を担っています。
私は、基本的には18時から18時半までには会社を出ています。19時になると遅くなっちゃったなぁと感じます。(笑)
また、水曜日は全社で18時までの早帰りDAYと掲げられています。ちなみに、18時以降は申請しなければ残業はできません。また、申請の際に~時まで作業しますと言わなければいけないため、その時間までに終わらせようと必死に努力します。

女性は働きやすいですか?(制度面で)

環境だけでなく、制度においても充実していると考えます。産休を取るのは当たり前であり、皆産休を経て戻ってきます。
また、その後は時短勤務で働かれている人が多いです。私の課にも、育休1人時短2人がいます。
そして、当社の女性はA職からD職に転換する人も少なくありません。働いていく中で仕事の面白さに気付き、もっと広いフィールドで活躍したいと思う人が多いように見受けられます。

感想

前回の訪問でも、ワークライフバランスの極みの会社であると感じましたが、2人目を訪問してもそのイメージは変わらなかったので、本当に仕事とプライベートを両立できると感じました。
また、仕事には自分自身がどのような姿勢で取り組むかどうかでやりがいは異なると感じたため、仕事のやり方次第で、遣り甲斐や向上心を持ちながら働くことができるのではないかと考えます。

特別選考のご案内