トップ > OB/OG訪問 > 東京海上日動火災保険 > OB/OG訪問 口コミ

東京海上日動火災保険

真のニーズや課題を的確に把握

非常にホワイトな会社なんだなと感じました。

2017.01.25

営業

企業名
東京海上日動火災保険

大手企業 金融 営業

ざっくり言うと

  • 仕事の幅が広い
  • 若手でも責任のある仕事を任せられる
  • 働く女性にとって恵まれた環境

OBOGの入社年度

2009年度入社

OBOGの所属先

パーソナル営業部門

仕事内容

パーソナル営業部門は、担当地域の企業や個人のお客様に対して、パートナーである代理店を通じて保険プログラムの提案や保険商品の販売を行っている。
主に、企業のリスクマネジメントを行う企業代理店とともに、保険プログラムの設計や、従業員のための保険の提案・販売なども行っている。
企業に関しては、10社以上担当している。
企業にとって、台風や地震などの自然災害、事業活動に伴う第三者への賠償責任リスクなど、不測の事態から会社の資産や収益を守るリスクマネジメントは、重要な経営課題の一つである。
リスクコンサルティングを通じて経営の安定化と新たな事業展開への挑戦を実現するのが、パーソナル営業部門の役割。

パーソナル営業のお仕事で、日々心がけておられることは何ですか?

日々の仕事で心がけていることは、お客様(企業)が気付いていないリスクも含め、その経営に関る数十数百のリスクを洗い出し、その中から真のニーズや課題を的確に把握することです。
そのために、相手に興味を持って、相手の話をよく聞き、そして相手の立場に立って考えることを心がけて日々営業活動を行っています。
パーソナル営業部門のお客様は個人から法人まで幅広く、その分、商品の種類は自動車保険、火災保険、賠償責任保険、さらには海上保険まで多岐にわたっています。膨大な選択肢から、お客様の置かれた状況、リスク管理にふさわしい商品を選んだり組み合わせたりして、最適なプランを提案しなければなりません。潜在的なニーズを引き出すのは難しいですが、試行錯誤を重ねながら提案の幅や質をどこまでも追求でき、自らの成長を体感できる仕事です。

今後のキャリアビジョンや目標があれば教えてください。

今後の目標は、一人でも一社でも多くの人に身近にあるリスクに気付いてもらい、保険を通じて安心をお届けすることです。
最近営業として、企業様に対して保険商品やリスク管理に関するプレゼンテーションをする機会が多く、企業の経営全体に影響を与える醍醐味を感じています。また従業員向けの講習会の講師を務めたりもしていますが、聴いている方たちの心を掴んだときや、講習会の後、意識が変化して保険やリスクマネジメントの相談に来てくださったときは、大きなやりがいを感じます。そのたびに、意識が変わると行動が変わり、行動が変わると組織力が向上するということを実感します。
これからも、お客様の意識や行動の変化を促し続けることで、お客様の事業理念の実現、そして経営に一層貢献したいと思っています。

御社で働かれて感じる、「御社の良さ」は何ですか?

当社の良さは、若手でも責任ある仕事を任せてもらえる所と、女性にとって働きやすい環境である所だと思っています。
入社したばかりの頃、まだ何もわかっていない中にもかかわらず、いきなり企業営業の仕事を任されました。経験不足でお客様にもご迷惑をお掛けしましたが、とにかく早く成長したいという一心で仕事に取り組み、おかげで半年後くらいにはお客様にも認めていただけるようになりました。今から思えば一人前にできなければいけない仕事を若手の頃から任せていただけるのは本当にありがたいことだと思います。
また当社は、働く女性にとって非常に恵まれた環境が整っています。結婚・出産を経て働いている同期や先輩、ご主人の転勤に伴い異動してきた方など、ライフステージの変化に合わせて制度を利用しながら、皆さんいきいきと仕事をしています。仕事を長く続けたいと考える人が多いため、自ずとワークライフバランスに対する意識が養われるのだと思います。

感想

OG訪問をして、まず損害保険会社の営業の仕事の幅広さに驚かされました。
ただ単に保険を売るだけと思っていたのですが、リスクマネジメントだけでなく、企業の経営戦略を練ったり、講習会も頻繁に開催するという話を聞いて、営業は様々な知識を身に着け、多角的な視点を持つ必要があることを痛感しました。
また話の中で、仕事が楽しい理由として、「働きやすさ」を何度も挙げられていて、非常にホワイトな会社なんだなと感じました。

特別選考のご案内

人気セミナー