トップ > OB/OG訪問 > パイオニア > OB/OG訪問 口コミ

パイオニア

エンジニアとしてのやりがい

自由な社風は社員の方が作っているのだという印象でした。

2017.01.25

その他

企業名
パイオニア

大手企業 メーカー

ざっくり言うと

  • 優しい医療機器の研究開発を行う
  • 生産ラインを考慮して研究開発に携われる
  • 自由な製品開発ができる環境

OBOGの入社年度

1987年度入社

OBOGの所属先

人事総務部

エンジニアの大変なところは何ですか?

 3年で部下を持ち、その際には年齢関係なく対応していかなくてはならないので、技術面より人間関係で大変でした。しかし大変なことがある一方で楽しい面もあります。年上の部下をもつと相手のことを気がかりして仕事をしますが、相手も自分のことを支えて上げようとして積極的に行動してくれるので、自分の許容を越えない範囲で頑張ることができます。
 周りとの関係を上手く気づければ問題ないし、むしろ自分によいことをもたらしてくれると思うので、信頼と尊重、そして謙虚を忘れずに行動していけば大変ではなくなると体験として感じました。

今力を入れていることは何ですか?

"医療機器市場への参入です。この市場は国家戦略のひとつとして国としても力を入れている分野であり、今後も成長していくことが見込めるため、企業の発展を意味に参入していきます。また、 国内外の医療技術の高度化と新興国の需要拡大も大きな理由です。
 自社の取り組みとして、パイオニアで培ってきた「光、音響、映像技術」を活かした独自のデバイスを開発し、それをベースに人への負担が少なく、優しい医療機器の研究開発をおこなっています。現在は、レーザー血統計といって非侵襲小型血流センサー素子を光学に応用したり、光ディスクピックアップ、半導体レーザー技術を医療機器に活かした機器を開発しています。

社内環境はどうですか?

 エンジニアはやりたいことかできる環境です。会社としても研究開発、商品開発はとても力を入れているところなので、設備等は充実していると思います。
 また、生産ラインを考慮して、工場現場の社員も研究開発に携わるので、生産までの流れを考えられます。現場の方の意見も聞けるので、開発としては自分よがりにならず、周りとの連携を意識しながら挑めるのはとても良いことだと思うし、どのようなプロセスをへて出来上がるのかがわかるので楽しいと思います。

ここに決めた理由は何ですか?

 自由な製品開発ができる環境があるからです。今は人事にいますが、入社時はエンジニアとしては入社しました。車載機器をメインとして、移動する車内空間を楽しくするものをつくりたいと思い、カーナビ、オーディオ、スピーカーを扱っているいることが当時は一番魅力に感じました。

感想

 仕事内容について丁寧に説明してくれたので、入社後のイメージをしやすかったです。
 先輩の優しい人柄が自分と合っているので選考を受けようと思いました。

特別選考のご案内