トップ > OB/OG訪問 > 山田写真製版所 > OB/OG訪問 口コミ

山田写真製版所

他社にはできないものづくり!

細かく質問に答えていただき、盛り上がったことで社員の人柄の良さを感じました。

2017.01.26

営業

企業名
山田写真製版所

ベンチャー インターネット・IT 営業

ざっくり言うと

  • デザイナーと共に本の制作を行う
  • 社外社内問わずコミュニケーションが大事
  • 若手が求められている環境

OBOGの入社年度

2015年度入社

OBOGの所属先

営業部

仕事にやりがいを感じるときはどんなときですか?

残業時やイレギュラー対応時(色が合ってないときの再印刷、美術館のオープンに合わせて納期厳守の際、印刷ミスがあった時、場合によっては徹夜で対応。プライベート時にも呼び出される。)には仕事が大変だと思いますが、本が出来て実際に手に持ったときにはとてもやりがいを感じます。

働く上で必要なスキルや考え方は何ですか?

物怖じせず、積極的にコミュニケーションをとることを心がけています。
少しでもお客さんに自分のことを覚えてもらう努力をしていて、目標は初対面のときに一発で名前と顔を覚えてもらうことです。
社外のお客さんやデザイナーはもちろん、社内に対してもコミュニケーション能力は必要です。
物怖じしないことや精神的なタフさは営業には必要だと考えます。
自分なりのストレス解消法を見つけることも重要です。
そしてそのようなスキルを持ち合わせている人に入社してほしいと思います。
新卒社員が少ないので純粋に若い人がほしいです。

入社後のギャップはありましたか?

印刷会社はお客さんに対して立場が弱いと思っていました。
(ただ印刷しとけばいいじゃないかと思われてそう)
しかし、実際に入ってみると、お客さんから無限に種類のある紙・色等、どうすればいいですかと聞かれて頼られる場面が多かったです。
あとは、予想以上に若手が少なく、保守的な人が多かったです。
もっと新しいことにチャレンジすべきだと思っています。

仕事を通じてどんなことを実現できましたか、実現したいですか?

小さい会社であるが故に、若手のときから大きな仕事を任せてくれています。
オリンピックのデザイン審査を行う偉い方などにお会いしたり、出版記念パーティーで各界の重鎮にも会えました。
また、世の中の色々な仕掛けをまとめた本に対して、本自体のデザインにも目次を開くと飛び出すような仕掛けを施しました。
本の中身に応じて、デザインも合わせる。
そういう目で見て印象に残る本を作りたいです。
将来は日本国民全員がかっこいいと思う本を作りたいと思っています。(ビジュアル)

今後については、まずは下積みとして印刷業界のこととか、営業についてのスキルや知識を身につけ、ゆくゆくは雑誌の編集者をやりたいです。
また、社内で成績をあげて、昇進し、経営に関われるまでの役職に上り詰めたいと思っています。
今はたくさんの可能性やキャリアパスがあるため、視野を常に広く持ち、可能性を広げていきたいです。

御社で活躍するための資質は何ですか?

物作りが好きであること、自分で何かを作り上げることに喜びを感じることです。

同業他社と比べた魅力は何ですか?

デザイナーの人とのコネクションです。
関係も深いし、幅広く関係を構築しています。
お店で並んでいないような特殊な本も作成可能です(美術館に置かれるような本等)。

御社の課題・将来性(業界全体の動きも含め)を教えてください。

課題は社員の高齢化で保守的になってしまっているので将来的にこのまま新しいことにチャレンジしないといけないと思います。
また、若手を育成すべきです。
デジタル化に伴い、若年層が紙から離れていっており、もっと紙媒体に興味を持たせる必要があると思います。

社内や部署の雰囲気はどう感じますか?

全社員同じフロアなので、コミュニケーションは活発に行われています。
東京オフィスは30名です。

働きやすい環境ですか?

子供がいる人は、申請して時差出勤している人がいます。

ノルマや上下関係の厳しさはどうですか?

ノルマは数字を持たされるので、ある程度の厳しさはあります。
しかし、その人の能力に応じて数字は決められているため、無謀な数字ではありません。

どのような人が多く働いていますか?

基本的にはベテランの人です。
印刷業界は若手が少ないです。
新卒社員はほとんどいません。
基本は中途採用で、自分が5年ぶりの新卒社員です。

配属希望の考慮、部署転換制度はありますか?

営業採用で営業部は一つのため、希望とかは無いです。
部署が代わると仕事が変わるので、あまり移動もありません。
(営業からデザイナーとかになるため厳しい)

採用に関して(面接回数など内定までのプロセス)

面接が2回あります。
1回目は東京で副社長と1対1、2回目は富山にある本社で役員7名程度と面接です。
基本的には中途採用がメインです。

感想

今回初めてのOB訪問でしたが非常に楽しくお話させて頂きました。
質問者も、それでそれで?と就活生のリアルな質問をいくつも伺ったのですが、とても満足して訪問終了できるほどたくさんお時間をいただけました。
あらかじめ質問は絞って行ったのですが、話が盛り上がるにつれてどんどん質問も増え、聞きたいことはほとんど聞けました。
OB訪問ですが、かしこまらずに和やかな雰囲気で行えるとより学びの多い時間になると思います。

特別選考のご案内

人気セミナー