トップ > OB/OG訪問 > 三菱東京UFJ銀行 > OB/OG訪問 口コミ

三菱東京UFJ銀行

仕事と子育てを両立できる環境

助け合いの精神がある社風だと感じました。

2017.01.26

その他

企業名
三菱東京UFJ銀行

大手企業 金融

ざっくり言うと

  • お客様からの信頼とグローバルであるところが強み
  • 窓口は来たお客様をさばくのが仕事であるためスピードが命
  • 研修がとにかく整っている

OBOGの入社年度

2008年度入社

現在の業務内容を教えてください。

現在はFP業務を担当しています。
お客様は来店して下さる人もいますが、基本的に外回りで自転車を使って毎日営業しています。
担当している人は全部で400人で、主要なお客様(総資産3000万以上)は250人です。これでも多いので、リストを活用しながら毎日訪問しています。
例えば、満期がきたら連絡したり、投資信託で新しい商品が出たら投資信託を持っているお客様に連絡します。
また、ターゲットにしたお客様の近所に訪問するなどで、定期的な訪問を繰り返しています。
ちなみに、5年間窓口を担当しており、その後FP担当になりました。

地方銀行とメガバンクの違いはなんだと思いますか?

2点あります。
1点目は、取扱いしている商品の幅です。
メガバンクにあって地銀にない商品はありますが、地銀にあってメガバンクにない商品はありません。
2点目は、グループ力です。
どんなお客様のニーズにも、グループ会社である不動産やカード・信託を駆使することで対応できます。
しかし、フィナンシャルグループとして存在する地方銀行はありません。

三菱東京UFJ銀行の良い点と悪い点はなんですか?

良い点は、お客様からの信頼の厚さとグローバルさです。
前者は、口座数が圧倒的に1位と言われていることからです。私達は、口座の数=信頼の数だと考えています。
後者は、タイのアユタヤ銀行やアメリカのユニオンバンクを子会社化したことからです。より広いフィールドでより広いソリューションを提供できると考えます。
悪い点は、柔軟性が欠けている点と支店が混んでいる点です。
前者は、本人以外が来たときに柔軟に対応しないことからです。規定をしっかり守っており、いいことですが、お客様からしたら煩雑な手続き方法になってしまい、「他行では本人以外でも可能だった」と言われることが多々あるので、今後柔軟な対応をすべきなのではないかと考えています。
後者は、高田馬場において、隣のみずほ銀行は並んでいないのに、当行は常にお客様が並んでいることからです。口座数が多いのはわかりますが、あまりにもお客様をお待たせしていると感じます。

銀行と信託の違いはなんですか?

利便性であると考えます。
お客様の考えを実現するということは、双方に共通していますが、銀行の方が使い勝手がいいです。
信託のATMは中々ないですし、周囲に口座を持っている友人も少ないと思いますが、銀行のATMは見渡せばすぐに目に入ります。また、口座を持っていない人はいないといっても過言ではありません。

窓口業務とFP業務を両方経験した上での違いはなんですか?

窓口は、来たお客様をさばくのが仕事のため、スピードが命です。その場の対応力が問われます。また、さばくだけではなく、さばきながらNISAやカード等の運用商品を提案しなければなりません。
言葉の使い方(伝え方)や時間の使い方等の自分の工夫によっていい提案をできた時にやりがいを感じました。
しかし、困った時は後ろの人が助けてくれるため、心強いです。
とにかく銀行の幅広い業務に携われるため、銀行で働いている実感は強いと思います。
FP業務は、数字が求められる環境の中で、担当を持ちながら業務を行います。
一人ひとりについて知ることが求められ、知った上で提案するので、より深く長い付き合いをすることができます。自分がお客様のことを考えて提案したことがお客様のニーズに当てはまった時に「ありがとう」と感謝をされ、やりがいを感じます。
また、窓口と異なり、全て自分で考えて自分で動き、提案する必要があるため、難しさは倍増します。

最近の三菱東京UFJ銀行の革新的な取り組みがあれば教えて下さい。

法個一体店舗ができていることです。
今迄は支店と支社が分かれていたため、法人と個人は別の拠点で業務を行っていました。しかし、拠点を一緒にし、より早く双方が相談し合える環境(お客様を紹介し合う等)を作っています。
当行は、一人の行員が法人も個人も担当することはできませんが、紹介し合い、法個共同で業務を行っています。この店舗が増えることで、お客様により早く最適な提案が行えると考えます。

支店はどのような雰囲気ですか?

2つ特徴があります。
1つ目は、成長できる環境があることです。
研修がとにかく整っており、FP資格取得のための集合セミナー等は本当に助かりました。
また、OJT制度を導入しており、OJTする側もどのようにすべきかを考える会があります。
そして日々ロールプレイングの練習等を行っているため、学ばせて下さる機会が多く、成長を感じます。
2つ目は、皆で考える環境です。
具体的には、誰かがした失敗の原因を皆で考える事です。失敗はよくあるのですることをダメとはいいません。しかし、2度も3度も同じ失敗を繰り返さないために、皆で考える環境があります。
総じて、皆で育とう・育て合おうという空気を感じます。

今後の目標はなんですか?

2つあります。
1つ目は、支店長代理です。
尊敬するFPの先輩が支店長代理だからです。支店長代理は、検印の責任があったり、自分以外の他人のプレーも見る必要がある部署です。
先輩は、子供を育てながらも、お客様の信頼も支店で一番厚いです。部下を教育するときは、優しいながらも注意すべきところは注意して下さいます。子供がいるからなどの弱音を吐かず、役職に就きながら時短を駆使して働く先輩に少しでも近づきたいです。
(ちなみに、当行は女性課長が増えてきています。同性同士だからこそ言える事もあるので、助かります)
2つ目は、お客様から信頼される人になることです。
そのために最近心掛けていることは、趣味や家族の話を通じてお客様を知ること・自分の情報を伝えることです。
今後はさらにPDCAサイクル等も心掛けながら、最も信頼される人になりたいです。

感想

まじめできっちりしていましたが、時々雑談なども加えて下さり、ONとOFFをはっきりできる印象を受けました。
時間をかけてゆっくり説明して下さいました。

特別選考のご案内