トップ > OB/OG訪問 > エスワンオーインタラクティブ > OB/OG訪問 口コミ

エスワンオーインタラクティブ

Web広告が今の主流!

日々の業務が専門的で大変そうでした。

2017.01.26

その他

企業名
エスワンオーインタラクティブ

ベンチャー インターネット・IT 広告

ざっくり言うと

  • 専門はアドテクノロジーを活用したWebマーケティング領域
  • 日々変化するネットサービスにこつこつ努力していくことが重要
  • 成果主義のベンチャー企業

OBOGの入社年度

2013年度入社

OBOGの所属先

Trading division

やりがいや働きがいを感じるのはどんな時ですか?

年が経つにつれてやりがいに感じたことは変化しました。
1年目
全く出来なかったExcel、Power Pointなどの基礎スキル面において出来る仕事が増えてきたことです。
2年目
広告の運用として他の会社へ営業の人と同行し、直接お客様に提案するなど実践的な業務が増えた。
自分がチームの一人として動いていると感じました。

3年目
チームのマネジメントにおいて、チームの方向性が定まり気持ちが一つになることに貢献できたと感じました。
チームのマネジメントに関しては、コミュニケーションが一番の課題と感じていました。
自分の思うようにはなかなかチームがまとまらず、成果を出すことが非常に厳しい状況だったので、「自分の目的と意図を確実に相手に伝える」ことを意識して、「自発的に正しい判断ができる人」を育てようと日々努めています。

御社を一言で表すと?

「何事も真摯に向き合い、努力を惜しまない会社」
ネットワークサービスは毎日、毎時間処理しきれないほど多くの情報が出回り、業界の動向を掴むことが非常に難しいです。

そこで求められる力は、「毎日真面目にコツコツと、努力を惜しまない」ことです。
この会社には努力できる人、仕事に情熱を持っている人しかいません。
そんな先輩の姿を見ながら仕事ができるのはとてもいい環境だと感じています。

御社の強み・弱みは何ですか?

強みを外部的な強み、内部的な強みに分けてお話します。
外部的な強みは運用力、実行力です。
トレーディングディスクという新しい領域でお客様の問題を解決できている実績こそ最大の魅力です。
内部的な強みはチャレンジしたい人にチャンスが与えられることです。
先輩が偉いという風潮はなく、縦の繋がりも横の繋がりも大切にしている会社です。
働く上で、自分の意見を言えない、自分の気持ちをさらけ出すことのできないこと辛いことです。
しかし、エスワンオーインタラクティブは意見を言いやすい環境で、先輩たちが後輩の意見の聴く姿勢を徹底しています。働きやすいなと感じる大きな要因です。

弱みは組織としてまだまだ若いことです。
若い人の集まりなので、経験が不足しています。
メンバーの半分くらいは3年目以下の人で構成されています。
担当しているTrading divisionは特に3年目以下が多いです。
若い人たちがさらに若い人を育てている段階です。
成果を出さなければいけない成果主義が合う人には合いますが、安定を求める人には向いていないかもしれません。

社内や部署の雰囲気はどう感じていますか?

仕事に情熱を持ち真摯に取り組んでいる人、プライベートと両立している人が多いと感じています。
また、自分がやりたい仕事を「やりたい!」と言えば任せてもらえますが、もちろん成果ありきです。
まさに成果主義のベンチャー企業です。
自分のやりたい仕事を成し遂げることができたらそれ以上の達成感はありませんよね。
そんな達成感が味わえる会社だと思います。

また真面目に仕事に打ち込む分、メリハリがしっかりしています。
10月にはみんなでハロウィンパーティーを開いて仮装したり、家族も参加OKのBBQを開催したりするなど、アットホーム感もあります。
全部署で飲み会に行ったり、休日会社の人とでかけたりする人たちもいます。

部署は広告運用担当でパソコンに向き合う仕事なので、基本的にオフィスはパソコンのキーボードを叩く音が聞こえるくらい静かです。
集中力がみんなとても高いと感じます。
営業の人がオフィスに帰ってくると少し賑やかになります。

ノルマや上下関係の厳しさはどうですか?

ノルマに関しては、毎月自分が何を目標にするのかを細かく設定するので、自分が立てた目標を超えられるか、自分との戦いになるということです。
当社では「目標を設定する」ことにこだわりを持っています。
目標を設定し日々に落とし込むことで、いつまでに何をやらなければいけないのかを明確にすることができ、仕事の効率化をすることができています。

先輩が会社を選んだ理由は?

最初から「この会社だ!」というよりはだいぶ大回りしました。
何も考えておらず、大手企業の方が採用の始まりが早かったので、大手企業を選びました。
そこで、「商売をするなら商社だ。」「ゼミの先生から石油の話も聞いていたから石油会社もいいな。」と思い、どちらも受け7大商社など有名な企業を受けましたが全て落ちてしまいました。

そこで、初めてベンチャー企業も業種も関係なく就職活動の輪を広げてみようと思い、30社の会社説明会に参加しました。
ファッションナビを観たり、社長さんからのコメントの動画を参考にしたりして会社説明会へ行く企業を決めていました。
直感で少しでもいきたくないなと思ったところは受けず、30社中3.4社しかエントリーしませんでした。

当社が良いなと感じた理由としては
①自分が成長できる環境であること
②仕事の制限がされないこと
③ストイックな人の集まりであること
④採用重視ではなく学生の気持ちを重視してくれたこと
⑤仕事を若いうちから任せてもらえること
の5つが挙げられます。

一緒に働く「人」はとても重要です。
なので、まずは直感的に合うか合わないかを考えました。
また、ベンチャー企業でも仲が良い、とかではなく仕事上で切磋琢磨し合えるような仕事に情熱を持った人のいる環境で働きたいと思いました。
一番惹かれた部分としては、採用するために学生を見ているのではなく、その学生の悩み、将来のことについて考えてくれて、もし惹かれたら選考を受けてくださいねというスタンスです。

学生時代に頑張ったことは何ですか?

特にこれといったアピールポイントはなかったが、絶対に仕事に対する熱意は誰にも負けない、成長意欲という気持ちの部分はアピールしました。
経験としては、サッカー(チームは全国大会)、貿易英語のゼミ、飲食のバイト。
飲食のバイトでは、社長さんに気に入られ、秘書のように社長さんの仕事についてまわることもしていた。
その際に、様々な社会人と触れ合う機会があった、などという経験を話しました。
けれど、自分からインターンシップやセミナーなどに参加していなかったので、もっと早いうちから経験を積めばよかったと後悔しています。

感想

OB訪問では他のインターンシップやセミナー、座談会よりも1対1でお話が聞けるので、その人がどんな思いで就職活動をして、今どんな場所でどんな風に働いているのかを感じることが出来ました。
お話を聞いて学んだことは、「自分の直感は大事である。その直感を言葉で表すと自分の企業、業界選びの軸が見えてくる」ということです。
今回のOB訪問を通じて、他の企業の方にもお話を聞きに行きたくなりました。
企業のことを深く知りたいと思っている人にはおすすめです。

特別選考のご案内