トップ > OB/OG訪問 > 東急リバブル > OB/OG訪問 口コミ

東急リバブル

女性から見る総合職の実態?!

男性のノリに合わせることが最も辛かったのが驚きました。

2017.01.26

総合職

企業名
東急リバブル

大手企業 不動産・住宅 総合職

ざっくり言うと

  • 不動産業界は男性が多いので女性は最初は大変。なれれば平気
  • 当初抱いていた厳しいイメージはいい意味でこの会社は裏切る優しい雰囲気
  • 土日休みか平日休みかはしっかり考えるべき

OBOGの入社年度

2015年度入社

OBOGの所属先

総合職

インターンで感じた、会社に対する好印象は入社後変わりましたか?

親からの話や何となくのイメージで不動産業界は厳しいイメージが正直ありました。ミスしたら怒られるという意味で厳しいということです。しかし、当社はそんなことはなくインターンのイメージの通り優しい先輩が多いです。インターンから印象は変わっていませんが、不動産業界に対する印象は自分の中で大きく変わりました。

逆に悪い意味で入社前とのギャップはありますか?

インターンで一緒だった人たちの雰囲気をイメージして入社したので、同期の仕事に対する意識に対して自分の思い描いていたものより悪い印象を受けました。もちろん一部の話ですが。

働くようになって思った学生と社会人の差はありますか?

会社の一員ということを意識するので、1つ1つに対する責任感が強くなりました。例えば自分が休むと誰がこの仕事をするのかといったことまで考え体調管理を行っています。また誰かに精神面で頼らなくなりましたね。

苦しかった経験はありますか?

そもそも総合職なのでほとんど男性社員で占められています。すると女性が少ない飲み会に必然的になるので、最初は男性のノリや振りについていけず、平気なふりでノリに合わせたりするのがなかなか大変でした。今まで仕事で苦しかった経験はまだないので、それが一番苦しかったことですかね。でも今では飲みにも慣れて、楽しく飲めるようになりました。

どのような社内制度を受けましたか?

当社の研修期間は1カ月でした。その中での研修はほとんど座学で、ロールプレイングゲームなんかも行いました。最終的にテストされて、評価されるのですが、その評価や1カ月の様子を見て配属先を決めているみたいです。

不動産業界に興味をもったきっかけはなんですか?

親が不動産の会社に勤務しているので、小さいころから身近に感じ自然と興味がわきました。また就職活動を行う際、「人で勝負できる仕事」というのを軸にしていたことも理由です。というのも、不動産は「土地」というモノを媒体としていますが、未開拓ならば仲介者自身が購入者にどうアプローチするかでその価値は変わってきます。つまりここが「人で勝負できる」部分なわけです。ちなみに他には同じ理由から金融業界も志望していました。

感想

初めてのOBOG訪問でとても緊張しましたが、とても気さくに長い時間いろいろなことを話してくれました。また
・他の業界の情報提供やアドバイス
・他の社会人の紹介 など
OBOG訪問でのメリットをとても強く感じました。
あらかじめ質問を絞って行ったことでスムーズに話が進められたので、みなさんも質問には優先順位をつけて時間配分を気にしながらOBOG訪問を行ってみてくださいね!!

特別選考のご案内