トップ > OB/OG訪問 > JTBグループ > OB/OG訪問 口コミ

JTBグループ

女性が働きやすい会社

マタニティ制服の準備があることに驚きました!

2017.01.26

総合職

ざっくり言うと

  • ほかのグループ会社に異動することもでき、可能性が広がっている
  • 男女比は2:8である
  • 業界1位であるからこそさらに上を目指せる環境である

OBOGの入社年度

2015年度入社

OBOGの所属先

国内旅行販売(エリア総合職)

この仕事をしていて楽しいこと、大変なことは何ですか?

お客さんが旅行に行くことの手助けをでき、さらに自分の好きな旅行に常に携わっていることができる点がいいところ。自分の利益とお客様のエンド利益が一致している。存する商品を売らなければいけないわけではない。
テストを受ければ他のグループ会社に異動することも可能で可能性が広がっている点も魅力的。
大変な点としては、地名など知らないことがあってはいけなく、お客様には名前以外のことは聞いてはいけないため旅行全般の勉強などをすること、そして自分の販売した商品でお客様が無事に行って帰ってこれるかどうかが気が気でないこと、怒鳴り込んでクレームいれてくるお客さんの対応をしなければならないこと。

今後のビジョンは何ですか?

自由に希望の出せるこの環境で様々なことにチャレンジしてみたい。
短期スパンでも働くことができるのが強みなのを活かし、商品企画などのプロジェクトにも携わっていける人材になりたい。

女性が多く、働きやすいと聞くが実際はどうですか?

2:8の男女比。女性が圧倒的に多く、マタニティの制服も準備があるなど女性にとって非常に働きやすい環境が整っている。
部署ごとに雰囲気はまるっきり変わってくるが、ブラックとは感じない。
定時は10:15~20:00。しかし、繁忙期(多忙期)が4~9月と長期間に渡っていることで新入社員にとって、初年度は特に入社早々多忙期に突入し落ち着かない日々が続くため、体力的にはかなりきつい。また繁忙期は自由に休みを取ることはできない。
店舗ごとのシフト制であるため特に完全週休二日制というわけではないが、実際は繁忙期でなければ月の半分丸々休めることもある。
また社内には暗い子や人見知りな子はいない。基本明るく旅行好きな子が多い。

数ある旅行会社の中からなぜJTBを選びましたか?

旅行会社として独立して存在しているから新規事業に取り組みやすく、意見も通りやすいと感じたため。
実際に鉄道会社や航空会社の子会社として旅行という分野でも事業を展開しているわけではないため、ホテル鉄道航空何から何まですべて他社との連携であるため、人とのかかわりであったり、一つのことを一から仕上げていくのが好きな性格と一致したことから志望。
また旅行業界一位の実績を誇るため、営業にも余裕があり、競合他社を追いぬくため、というスタンスではなく更なる上を目指せる環境であることも魅力的であった。
また高いブランド力、安心、安全、“何かあった時のJTB”というアフターフォローに関しても誇れるところにひかれたから。

選考時のプロセスや聞かれたことを教えてください。

ESでJTBのどのグループに行きたいか希望を出し、以後はグループごとの選考。グループはおせち、スポーツ、法人販売、企画など合わせて200近くある。
共通一次、GDを経て、面接、となる。
GDの内容は“新しくるるぶの商品を作るならどのようなものを作るか”、面接では、おすすめの場所、旅行が好きかどうか、OBOG訪問はしたか、店舗訪問はしたか、について聞かれた。

特別選考のご案内

人気セミナー