トップ > OB/OG訪問 > 東京急行電鉄(東急電鉄) > OB/OG訪問 口コミ

東京急行電鉄(東急電鉄)

駅員としての生活について伺うことができました!

「東急を日本一の路線」に、という大きな理想を社員の方々が共通して持っていらっしゃって、お仕事に対する熱意を感じました。

2018.02.28

総合職

企業名
東京急行電鉄(東急電鉄)
大学
慶應義塾大学 文学部

大手企業 総合職

ざっくり言うと

  • 2016年度入社の社員の方へのOB訪問
  • 研修期間が1年間と長い
  • 1年間の寮生活により同期との仲はかなり深まる

OBOGの入社年度

2016年度

OBOGの所属先

研修が終わったばかりで配属は決定していなかった。

OBOGを探した方法

部活の先輩の紹介

①仕事内容について教えてください

研修が1年間あり長い。
入ってからまた就活するようなイメージ。
その方は駅に入っている蕎麦屋で研修されていた。
また、全員駅員を経験する。
1年間寮で生活する。
同期の仲が深まりとても楽しい。

②大変なことを教えてください

駅員は大変。
朝の渋谷になると本当に大変らしい。

③配属について教えてください

鉄道事業志望で入社したが、経理に配属が決まった。
元々都市開発がしたくて入社する人が多いが、研修が長く、いろいろな経験をして、志望が変わる人も多数いる。

④採用プロセスについて教えてください

採用プロセスは、説明会に行き、エントリーシートの提出。
その後グループディスカッションを経て、2回の面接で内定。
エントリーシートのコピーをいただいた。

感想

年度末ということで少し忙しそうだった。
鉄道は公共事業であり、休みも不規則だった。
しかし、東急を日本一の路線に、という大きな理想を社員さんが共通して持っていらっしゃって、お仕事に対する熱意を感じた。
沿線だけ、海外はほとんどないので私は少し狭い気がしたが、地域密着で東急に対する愛が強い人が多いと思った。

本選考を受けるか

はい

本選考を受ける理由

入ってからもまだ選択肢があること、会社内で仲が良さそうなところに惹かれたから。

特別選考のご案内