トップ > 本選考情報 > みずほフィナンシャルグループ > 本選考レビュー

みずほフィナンシャルグループ

【16卒】みずほフィナンシャルグループ本選考情報

説明会の参加率で志望度の高さを見られます

2015.11.24

内定

企業名
みずほフィナンシャルグループ

ざっくり言うと

  • 説明会に参加するたびに志望度が高まった
  • 説明会に欠かさず参加した
  • 最終面接では入社意思がみられ、緊張感がある

本選考を受けた理由

もともと金融業界に興味があり、その中でも銀行に興味があったためプレエントリーした。8月からの選考ではあるものの、それまでに多くの説明会が開催され、それらに参加して社員の方と会うごとに志望度が高まっていった。

選考の流れ

エントリーシート+WEBテスト(6月中旬)→1次面接(7月月中旬)→2次面接(7月下旬)→最終面接(8月上旬)→内定

筆記試験の有無

あります。webテストです。

グループディスカッションの有無

ありません。

1次面接

【形式】
社員1人:学生1人、エントリーシートの内容にそって質問がなされる、約20分

【内容】
自己紹介を簡単にしてください・学生時代頑張ったことと、そこでの苦労と学び・その学びはどのように現場で活かされるのか・金融に興味を持ったきっかけ、なぜ銀行なのか、なぜみずほなのか

【雰囲気】
模擬面接という形で呼ばれたので、あまり緊張感は感じなかった。面接官の方も若手の物事やわらかな方だったことも原因だと思う。

【結果連絡】
翌日~3日後、電話

2次面接

【形式】
社員1人:学生1人、逆質問中心、約20分

【内容】
人事の偉い方との逆質問会。こちらが質問しながらも、時折他にはどのような業界を受けており、みずほに入社できるとすればどうするかといった質問がなされた。

【雰囲気】
小さい個室での面接で緊張感が漂っていたが、面接という感じではなく雑談に近いものだった。

【結果連絡】
翌日~3日後、電話

最終面接

【形式】
社員1人:学生1人、エントリーシートの内容にそって質問がなされる、約30分

【内容】
志望動機・他行のメガバンクの印象を踏まえ、なぜみずほか・家族は銀行に就職することになんと言っているか・内定を出すといった場合、他社を辞退できるか

【雰囲気】
内定を出した場合本当にみずほに来るのかということを確認しているようで、嘘をつけないような緊張感があった。

【結果連絡】
当日、電話

内定をもらえた理由

説明会にはかかさず参加し、インターンにも参加してプレゼンスを高めていたことからルクルーターの方や人事部の方と顔見知りになることができたことが内定の要因だったと思う。学生時代頑張ったことや志望動機はあまり深堀りされなかった。

入社を決めた理由

たくさんの説明会に参加したり、インターンに参加して会社理解を深めていたことから愛着があったから。他のどの会社よりもうちにきてほしいという思いが伝わってきたため、入社を決意するに至った。

この会社を受ける際のアドバイス

みずほフィナンシャルグループを目指すならば、就活解禁にあわせてマイページ登録・説明会に全て参加しておいたほうがいいと思います。少し調べればわかる通り、志望度の高さを説明会の参加率で見ていると実感しました。事実、説明会の振り返りシートはすべて保存され適宜参照されているようなので、ここも手を抜かずにしっかり書くべきだと思います。逆を言えば、説明会にしっかり参加していれば、自ずと良い結果がついてくると思います。もちろん、説明会に参加していなくても、受かる人は受かると思いますが、万全の準備はしておくべきだと思います。

セミナーを探す

人気セミナー