トップ > 本選考情報 > 日本ガイシ > 本選考レビュー

日本ガイシ

【16卒】日本ガイシ本選考情報

海外志向を持っている人が有利であるように感じました

2015.11.24

最終選考落選

ざっくり言うと

  • 父親に勧められた
  • 面接ではスピーチあり
  • 最終面接も非常に和やか

本選考を受けた理由

父親に勧められたのがきっかけです。調べると、ホワイト企業であるという点がわかったため、うけて損はないだろうと考えました。

選考の流れ

説明会参加+ES提出→グループディスカッション+1次面接(6月中旬)→2次面接(6月下旬)→最終面接(7月中旬)

筆記試験の有無

あります。テストセンターです。

グループディスカッションの有無

あります。6人で実施しました。テーマが与えられて、それに関して自由に議論していくものでした。事前に司会や、タイムキーパーなどの役割分担はしないようにと指導されます。

1次面接

【形式】
社員2人:学生6人 集団面接 30分

【内容】
「大学時代であなたが最も影響を受けた出来事と、その出来事が、その後のあなたの行動をどのように変えたか」を2分間でスピーチします。そのあと、面接とは別にグループディスカッションを45分行いました。

【雰囲気】
スピーチは砂時計で時間が把握できます。時間に忠実なスピーチができたかどうかも評価基準に入っていると思います。

【結果連絡】
翌日~3日後、電話

2次面接

【形式】
社員2:学生1 個人面接 30分

【内容】
就職活動の軸、他社選考状況、学生時代力をいれたこと、なぜ大学で部活に入ったのか、目上の人と接するときに意識すること、一番うれしかった経験、最後何で企業を選ぶか、最後に質問。

【雰囲気】
和やかな雰囲気でした。面接官の方が、相槌を打ちながら、しっかりと自分の話を聞いてくれました。

【結果連絡】
翌日~3日後、電話

最終面接

【形式】
社員5:学生1 個人面接 20分

【内容】
雑談で終わってしまいました。面接らしいことは、志望理由などの基本的なことしか聞かれていません。ヨーロッパ遠征でハンガリーに行った話をすると、ハンガリーの麺料理がまずいという話になってしまいました。(本当はそこから「海外で活躍したい」という話がしたかったのですが…)面接官が質問しやすいような話し方を心がけ、突っ込ませることを意識したのですが、そのすべてがことごとく外され、雑談にされました。

【雰囲気】
全体的に雑談に近かったです。最終面接でこの企業ほど和やかな企業はありませんでした。

【結果連絡】
1週間以降、メール

落選した理由

最終面接で第1志望であるという熱意をみせられなかったためだと思います。無理矢理でも熱意を見せるべきでした。

周りはこんな学生が多かった!

最終面接の前の、最終面接に残った人のみで行うグループワークでは、協調性の高い人たちが数多く残っていました。自らの主張を強くするというよりは、他の人の意見を聞きながら、和気あいあいと議論を進めるのが好きな人が多いのだと思います。また、海外志向を持った人が有利な気もしました。

セミナーを探す

人気セミナー