トップ > 本選考情報 > 森ビル > 本選考レビュー

森ビル

【16卒】森ビル本選考情報

2015.11.24

企業名
森ビル

アピールしたポイント

本選考を受けた理由

インターンに参加して、雰囲気や企業理念が気に入ったため、選考をうけました。不動産業界で、面的な開発をしているのもこの会社の特徴だったっため、その点にも共感しました。

選考を受けた理由

グループディスカッション(7月下旬)→1次面接(8月上旬)→2次面接(8月上旬)→最終面接(8月上旬)

筆記試験の有無

あります。webテストです。

グループディスカッションの有無

あります。約6人で45~50分程度です。議題は、目標が与えられて、その目標を達成するのに最も適当なものを複数の選択肢から選択するものでした。外部の会社に委託しているので、司会やタイムキーパーなどの役割分担を行うことは禁止されます。

1次面接

【形式】
社員1:学生1 個人面接 30分

【内容】
ESに沿った質問に加え、深掘りされます。リーダーには何が必要か、部活以外で人を巻き込んだ経験、どういう街がつくりたいか、森ビルに興味をもったきっかけ、森ビルの「人」をどう思うか、先輩と考え方が合わなかったときはどうしたか、最後言い残したこともしくは自己PR

【雰囲気】
大部屋で、仕切りはないような中、一斉に面接をはじめます。かなり深掘りされるので油断は禁物だと思います。

【結果連絡】
当日、電話連絡です。

2次面接

【形式】
社員2:学生1 個人面接 20分

【内容】
ESに沿って質問をされます。どのような仕事に興味があるか、そこで何をしたいか、を深掘りされました。

【雰囲気】
圧迫面接という噂があったのですが、そのようなことはまったくありませんでした。淡々と聞きたいことを聞いてくるような雰囲気です。面接官によっても雰囲気が異なっていたようです。

【結果連絡】
当日、電話連絡です。

最終面接

【形式】
社員5:学生1 個人面接 20分

【内容】
荘厳な雰囲気の中で行われます。森ビルのどこが好きなのかをしっかり言えるようにすべきだと思います。選考状況、志望理由、入社したら何がしたいか(部署まで聞かれます)。

【雰囲気】
私以外の人はそのようなことはなかったのですが、私の場合、やや圧迫ぎみでした。学生時代に頑張ったことを聞かれたので言うと「へぇ~それ全然すごくないね」と言われました。わざと言っているのはわかりますが、非常に残念な選考方法をとる会社だなと思っていまいました。

【結果連絡】
1週間以降、メール連絡です。

落選した理由

最終面接で圧迫をされたときに、一気に気持ちが冷めてしまったためだと思います。

この会社を受ける際のアドバイス

この会社を受ける際に必要なのは「森ビル愛」だと先輩に言われました。森ビルの理念に共感し、街づくりに対して真摯に向き合って考えているという姿勢が評価されます。面接の時にも、森ビルでなければできない街づくりというものを意識して、こたえていくと良いと思います。また、その際には、この会社の街をどれほど回っているかというのも評価軸に入っていると思います。物件はいくつ回ったのか、最近の物件だけではなく、森ビル黎明期の物件も見たか、など聞かれるので注意してください。